STANDARD ideapad Miix 320

タブレットとしてもノートPCとしても、旅先でマルチに活躍する「ideapad Miix 320」

山口健太

自宅でも旅先でも使えるタブレットを、ノートPCとしても使いたい。そんなワガママに応えてくれるのが、レノボ・ジャパンの「ideapad Miix 320」です。

 

注目ポイントは、2-in-1として簡単な取り外しと安定した使い勝手を両立しながら、お手頃価格を実現した点です。さっそくその特徴を見ていきましょう。

 

2-in-1を持って旅に出よう

 

スマートフォンが高性能になり、どんどん生活が便利になっていく中で、画面の大きさには限界があります。動画や電子書籍などのコンテンツを本格的に楽しむなら、大画面のタブレットが便利であることは言うまでもありません。

 

外見は普通のノートPCに見えるMiix 320は、ディスプレイ部分を取り外すと10.1型のタブレットになる、最近流行の「2-in-1」方式を採用しています。しかも重量はタブレット単体で約550g、キーボードを含めても約1.02kgと、旅に持ち出すのにもってこいの軽さなのです。

 

ホテルのベッドに寝転がってコンテンツを楽しめるのはもちろんですが、ぜひ試してほしいのが飛行機での利用です。離着陸時の手持ち無沙汰な時間でも、Miix 320をフライトモードに設定しておけばスマホと同じように使うことができます。

 

いざとなればノートPCに早変わり

 

「2-in-1」としてのMiix 320のもうひとつの特徴は、ノートPCとして使えることです。タブレットとキーボードは片手で簡単に着脱できる仕組みで、必要に応じて即座に利用スタイルを変えることができます。

 

旅先で困るのが、急な仕事への対応です。そんなときでもノートPCに早変わりするMiix 320があれば安心です。「Microsoft Office」を標準で搭載しており、ノートPCと同等のキーボードやトラックパッドを使って仕事に必要なドキュメントを自在に操れます。

 

キーボードはしっかりと押し込める深さがあり、キータッチはノートPCそのもの。トラックパッドの操作性も良く、細かなマウスカーソル操作に向いています。画面を直感的にスクロールしたいときには、画面を直接タッチすることもできます。

 

タブレット用のキーボードで注意したいのは、接続の方式です。Bluetoothとは異なり、Miix 320は物理的な接続端子でつながっているので面倒なペアリング作業は不要。電力もタブレット側から供給されるので、キーボードを充電する必要もありません。

 

豊富なインターフェイスを搭載、USB Type-Cにも対応

 

Miix 320は意外なほどインターフェイスも充実しています。タブレット側のMicroHDMIを使えば、リビングだけでなく旅先のホテルのテレビにも接続可能。旅に持ち出すなら、旅行用バッグにHDMIケーブルを忍ばせておきましょう。

 

キーボード側には標準サイズのUSB 2.0ポートを2基搭載し、USBメモリーやSDカードリーダーの使用に便利です。そして最新モデルでは、いま注目の「USB Type-C」も搭載しました。

 

Androidタブレットなどでは、USB Type-Cでも「USB 2.0」規格が一般的ですが、Miix 320は「USB 3.0」に対応。SSDなど、高速なデバイスの性能を十分に引き出すことができます。

 

最後に、旅先で使える裏技をひとつ。USB Type-Cにスマートフォンなどをつなげると、タブレットからの充電ができるのです。Miix 320をモバイルバッテリーの代わりに活用できるので、荷物を減らせるというわけです。

 

このようにMiix 320は、タブレットとしてもノートPCとしても、さらにはモバイルバッテリー代わりにも使える2-in-1なのです。夏休みの旅行のお供として、Miix 320はマルチに活躍してくれる存在になりそうです。

大画面でコンテンツを楽しむにはタブレットが便利だ。

タブレットとキーボードは物理的につながる。

キーボード側にUSB、タブレット側にUSB Type-CやMicroHDMIを備える。

製品については、こちらをご覧ください

▶︎